キミに“ありがとう”と“さようなら”いうね。

ペット葬儀の心得

何を準備したらいいの?

■ 葬儀後、家で遺体を引取りたい場合には
ペットの火葬車があなたの自宅に到着する前に、ペットとのお別れを済ませておいてほしいんだ。もし、自宅の方で用意ができるようだったら、段ボール箱などの紙でできた箱などに今まで愛用してきた綿製のタオルなんかを敷いてあげて、安置しておくとすごくいいね。そして、希望があればお花や、生前に好きだったご飯とかおやつなんか一緒にお供えすることも可能なんだよ。

■ 立会個別火葬、または一任個別火葬の葬儀の場合

まずは火葬を行っても問題ないか確認しよう。東京や埼玉など一部の都市部で葬儀を火葬車で行う場合は、周囲からクレームが来ることもあるため葬儀社に相談することが先決。問題がないようなら、ペット火葬車がその場所に到着する前に、ちゃんとお別れを済ませておいてほしいんだ。到着したら、自宅かまたはペット火葬車にて葬儀、お別れをしてもらいんだけど、希望すれば生前彼らが好きだったご飯や、おやつなどをお供えすることも可能なんだよ。

△ ページのトップへ △

葬儀・お別れの準備

火葬を一緒にできるもの
☆愛用していた綿製のものタオルや洋服など
☆ペットフードで、好物だったものなど
☆プラスチック製や、ガラス、または金属以外のもので作られたおもちゃ類など
☆紙製の手紙など
☆生花、お花ならOK

火葬が一緒にできないもの
★プラスチック製や、ガラス、または金属製のもの → お骨の変色や、付着の原因になってしまうんから。
★化学繊維などのタオル製品 → 黒煙とかダイオキシンを発生させてしまうから。
★ボール → 火葬中に爆発や破裂の恐れがあってとても危険だから。
★ドライアイスなどの保冷剤 → 燃焼温度低下や、また黒煙が発生してしまうから。

もしも、綺麗にお骨を残したいのなら
◇ 徹底された温度管理、そして時間がポイント
◇ 動物以外の物などとは一緒に火葬しないこと
◇ ひつぎなどに入れたまま火葬しないこと

木製、ダンボール製のひつぎは火葬が可能ですが、火葬後に白く細かい灰として残りお骨に混入してしまいます。(火葬後に残るご遺骨は細く脆い場合も少なくありません。) ※詳しくは当日の火葬担当者にお尋ねください。ご希望に沿うようご提案させていただきます。

△ ページのトップへ △

万が一に心得ておくべき事!

それでは、万が一あなたのペットが亡くなった時に、どのように行動すればいいかっていうのを順を追ってご説明していくよ。

愛するペットが亡くなった

息を引き取ったペットの体をきれいに拭いて清めてあげよう。そしてその後は、窓際などの涼しいところへ安置してあげてね。ペットが亡くなって体温が低下してしまうと、体にいたダニやノミなどが一斉に逃げ出していくんだけど、バスタオルなどで体をくるんであげ、ダニやノミなどを体からタオルに移すようにしてあげるんだ。もしダニやノミなどがもう出てこなくなった際には、タオルはゴミ袋などにきちんと入れて処分しようね。それ後は、きつくしぼったタオルで体をきれいに拭いてあげよう。暑い季節なら、ドライアイスや氷、またはアイスノンなどで頭部や腹部を冷やしてあげるといい状態が保てると思うよ。

 

通夜をする
棺を用意して、遺体を収めましょう。棺はダンボール等でかまいません。布、タオル等で体を包んで、納棺してあげてください。ペットの安らぎを祈り、お線香をあげて通夜供養してあげましょう。

 

最後に見送りをする
どのような方法で最後の見送りをするのか家族で話しあいましょう。基本的には3つの方法があります。

◇ 庭や山などに埋めてあげる
法的には問題なくて、実際には、多くの人がそ庭や山に埋めているんじゃないかな。でも、マンションなどで暮らしている家庭には庭は無いよね。全ての人にこのケースは可能ではないんだ。だからといって、他人の山とか公園には埋葬できないよね。遺体は法的には「ゴミ」として扱われてしまうから、廃棄物の不法投棄としてみられるんだよね。だからあくまでも、自分が持っている土地に埋葬しようね。

◇ 公営にある斎場を利用する場合には ◇
もし、火葬のみだったなら公営の斎場が利用できるよ。

◇ 民間業者や、もしくは寺院を利用する場合には ◇
予算に応じて様々なサービスを受ける事が可能だよ。拾骨の他にも、葬儀などの葬儀・供養もしてもらえるんだよ。

recommend

柴犬専門店

最終更新日:2017/9/21

△ ページのトップへ △