キミに“ありがとう”と“さようなら”いうね。

ペット葬儀のメリット

各葬儀のスタイル・メリットとデメリット

庭や山などに埋める時のメリットとデメリット

・飼い主が自分の手で、全て葬儀が行えるから知識さえあれば安心してできるよね。
・墓標などを建てておいて、いつでもお参り。手を合わせられるように設置できる。
・もちろん料金が発生しなくて済む。
・自分が所有する土地以外には埋葬ができないので、埋葬できるような土地が無ければ困る。
・他の動物や、もしくは別の犬などに掘り返される危険性がある。
・土地開発などが始まってしまうと、なくなってしまう可能性が大きくなる。

△ ページのトップへ △

公営の斎場を利用する時のメリットとデメリット

・供養塔などがあって、時間があればいつでもそこへお参りができる。
・公営なので、他の動物にあらされたり、掘り返されたりする心配は無い。
・料金が安くで済む。
・お骨を拾うことは不可能だし、もちろん持ち帰ることも不可能。
・他のペットと一緒に火葬されてしまう可能性がある。
・行政が行っているのから、葬儀・供養という観念はあまりない。

△ ページのトップへ △

民間業者、寺院を利用する時のメリットとデメリット

・各家庭のニーズに合わせて、いろんなサービスを受けることが可能。
・こちら側から行く必要は無く、業者のほうから迎えに来てくれる。
・お骨を拾う事ができて、持ち帰る事も可能。
・墓地などの供養の施設がちゃんと設けられている。
・料金が多少高くついてしまう。
・料金の相場が、あまりなくピンきりであってよくわからない。
・なかには、金儲けで営業していて信用がおけない業者がいたりする。

ここで紹介しているのは、わたし個人の観念だったり偏見だったりする場合があるからその点は十分に了承してくださいね。あくまでも、一般論で、例えば、公営の施設だったとしても個別葬を行っているところもあると聞いたことがあるし、お骨を拾う事が可能な葬儀屋もあるそうなんだ。

△ ページのトップへ △

見送りが終わったら

もし、見送りが終わったのなら、その後の事も家族で考えてみようね。見送ったらそれで終わり、はい帰宅とするのはちょっと寂しい感じがするよね。だから、お墓か納骨堂で、動物供養塔などの供養施設を利用してみたり、自宅へお骨を持ち帰って自分の家で供養してあげることもできるから、やってあげるのもいいかもしれないね。別れが済んだ後の事も家族でじっくり考えてみるといいね。たくさんの思い出と愛情をくれた彼らに、残された私達は何をしてあげることができるんだろう?家族みんなで話し合ってみよう!

△ ページのトップへ △

どの方法を選ぶか

わたしがおススメする葬儀のスタイルは、民間業者や寺院を利用して葬儀を行うというもの。そのおススメする理由というのは、ちゃんと「セレモニー」ができ、供養できるからなんだ。この供養の「セレモニー」というのはペットのためだけじゃなくて、飼い主がきちんと気持ちの整理をするのにもとっても有効でいい立ち直りのいいキッカケになると思うんだ。だから、自分の庭に埋めてあげた場合や、公営の斎場などを利用して埋葬した際にもちゃんと家族そろって“別れのセレモニー”で葬儀をしてあげるといいんだね。きちんとしたお別れをすることで、ペットロスなどの精神的病気を防ぐ事が可能なんだ。大切な心のケジメの儀式として認識してあげるといいかもしれないね。

Valuable information

2014/11/6 更新

△ ページのトップへ △