キミに“ありがとう”と“さようなら”いうね。

ペット葬儀の疑問点

葬儀時に発生する匂いや煙、また音は大丈夫かな?

煙や匂いについて

ほとんどの葬儀・火葬炉っていうのは、精密な温度管理が可能なペット火葬炉を使用していて、メイン火葬炉とは別の方法で、煙や匂いを高温で燃焼させるための特殊な装置で(2次火葬炉)を設ける事で、無煙無臭化が可能となったんだよ。

ペット火葬中・葬儀の音について

火葬炉の温度管理を目的として、通常は、炉内への送風装置を作動させる為に小っちゃな発電機(ちょっと作動音が出てしまう)を使っているんだけど、夜間にご自宅内の駐車場などで火葬する際には、ご自宅から電源をお借りする事によって、発電機を使用しない形での火葬が可能となるんだ。これで、かなりの作動音を最小限に抑える事ができるんだね。ペットを火葬中や車両のエンジンは停止させるための、アイドリング音に関しての心配はないと思うよ。

△ ページのトップへ △

周りのビル、近隣住民の迷惑になったりしないかちょっと心配。

ペット火葬中というのは、上で紹介したように、さほど問題は無いと思われるけど、炉前でのお別れする時やお骨上げの際には当然の事として周囲や近所への視線って気になるよね。移動式のペット火葬車という車両の特性によって、最近ではいろんな手段と対応が可能になっているんだよ。

葬儀の一例としてあげるのであれば、自宅内でペットとのお別れをする⇒自宅から移動して火葬する⇒自宅内でお骨上げをするお骨上げのときには、火葬後にスタッフがご遺骨をトレーに移してご自宅まで届けてくれるんだね

△ ページのトップへ △

ペット火葬の費用っていくらくらい?

料金は、当日のペット火葬料にプラス、交通費(無料地域)の他、あとには骨壷や壷覆い(骨壷用の装飾袋)も含んだ、税込み総額になっているんだよ。

△ ページのトップへ △

葬儀を頼んだ際に、業者から自宅までの交通費は出るの?

都心近郊にお住まいの方ならば、だいたいの業者は交通費は発生しないよ。

△ ページのトップへ △

ペット葬儀後はお骨を返してもらえるのかな?

出張で、ペット火葬車をお願いする場合に、葬儀後に現地についてご遺骨(火葬後に残る全部のお骨)を手元に残すことが可能だよ。

△ ページのトップへ △

しばらく手元に安置する事って可能なのかな?

自分の自宅で葬儀・安置したい場合には、環境条件によって安置可能な期間が異なってくるんだ。特に、夏場の高温下などでは1日程度が限度で、冬場になると低温下ならば3日程度くらいかな。室内の空調とか動物の遺体の温度や市販の保冷剤、またはドライアイスなどを使って管理する事で、ある程度の安置日数を調整が可能だと思うよ。

一例として挙げると→ 夏場でも、エアコンでの室温調整が可能ならば、市販の保冷剤を併用する事でだいたい3日くらいは安置できると思うんだけど、もしも手元で長期安置をしたい場合などは、たくさんのドライアイスやエンジェルパックの使用をオススメするよ。

△ ページのトップへ △

夜遅い時間や早朝のペット、火葬の依頼っていうのは可能?

各業者の予約の状況によるんだけど、ご希望のお時間で予約が可能だと思うよ。深夜やっている所もあるから、電話にて確認・問い合わせをしてみてね。

△ ページのトップへ △

立会個別葬儀と一任個別葬儀とではどんなところが違うの?

一任個別葬儀の場合だと、別れをした後、葬儀終了後に業者スタッフの手で遺骨を骨壷にお収めして家族の方々へ遺骨を返すんだけど、立会個別葬儀の場合には、みんながお別れをした後に、火葬終了後はご家族の方で収骨をしてもらうんだ。遺骨はトレーに移し希望の場所へ持っていくよ。

△ ページのトップへ △

自宅から外出する事が困難な状況なんだけど。

業者が自宅へ伺って、ペットの遺体を預かるんだ。だから、外出が困難な人やシチュエーションであっても依頼が可能なんだよ。それに、ペットの火葬が終わった後に遺骨をトレーに移して、また自宅まで持っていってくれるので家族が在宅のままでも収骨できるんだね。

△ ページのトップへ △

大型犬用の骨壷はあるのかな?

ほとんどの業者がハムスターなどの小動物用から大型犬用まで、体のおおきさに応じたサイズの骨壷があると思うので前もって聞いておこう。葬儀の後の動物の遺骨はそのままの形で収めてもらえるから安心できるね。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2014/11/6

△ ページのトップへ △