キミに“ありがとう”と“さようなら”いうね。

ペット葬儀のトラブル

トラブル発生してからじゃぁ〜遅いっ!

最近、ペットブームの影響もあってか、ペットの葬儀や火葬をめぐったトラブルが発生して、しかも相次いでいるらしいんだ。人の葬儀はともかく、ペットの葬儀だと東京や埼玉など都市部で行う葬儀は理解を示さない方も多い!これじゃあもしもの場合安心の葬儀が行えるはずがない!あなたは大丈夫かな?東京都の消費生活総合センターの調査によって発覚したこの一例を紹介しよう!

東京都内の50代の女性は今年に入って、最愛のペットを亡くした。そして、葬儀をしてあげようと思い立ち、インターネットでペットの火葬業者を見つけて、そこへ連絡した。ホームページ上によると、体重別の料金を乗せていて約20キロの犬は5万6000円になり、他の料金は一切かからないとあったのにもかかわらず、その業者は彼女の犬を移動火葬車の焼却炉に入れた後に急に態度が一変して22万円を請求してきたというのだ。もちろん、女性は抗議したらしいんだけど、ひどいことに『生焼けで犬を返す』などと言われ、仕方なしに15万円を支払ったそうなんだ。本当にひどい話だよね。

そしてその後にわたっても、業者はしつこく彼女に食いついてきて残額の支払い請求の電話を何度もかけてきたそうなんだ。その後、警察に通報したにも関わらず、その請求の電話は鳴り続けたらしい。消費者センターの話によると、たとえペット葬儀の業者は違っていても、手口には共通性があるそうなんだね。それは、彼女の事件と同じ手口で、HPには大型犬も小動物も、体重別に1万円台から数万円の料金が表示されいるもので、一部には『高速料金がかかる場合がある』なんて書かれてたりする場合もあるんだけど、料金が請求されるのは、何故かきまってペットを焼却炉に入れた後に起こるんだ。

大型犬だった場合など、葬儀・火葬料金が6万円弱のはずなのにも関わらず、40万円あまりを請求された40代の男性の話も聞いたことがあるな。動物の火葬業者には、未だ基本的に法的規制が整っていないので、センターなどで予防対策の声かけをしているみたいなんだね。それは『事前に葬儀費用の見積もりを出させて、料金の確認ととること。納得できない場合には、支払いとか書類へのサインをしっかり確認もせずに急いでサインしてはいけない』と呼びかけているんだ。この点は過渡期のペット葬儀産業を狙った悪質な犯罪と言えるよね。今からペットを火葬したいと考えている人は、十分注意する必要があるんだよ!

>>>悪徳業者の罠に気をつけろ

注目サイト

最終更新日:2014/11/6

△ ページのトップへ △